So-net無料ブログ作成
検索選択

ミリタリ用語が通じない相手

艦これのノベライズを書いているわけだが、ゲラが戻ってくると、いつも苦労するのがミリタリ用語だ。
たとえば、形式名などで「九九式艦爆」と書くと校正さんから「九十九式ではありませんか?」というチェックが入って戻ってくる。
 こういう、一般の読み方、常識的な記述のやり方と、軍事用語の読み方、書き方は違うのだが、校正さんにそこまで要求するわけにもいかない。
 これ以外にも「直掩機」(ちょくえんき)とか「雷跡」(らいせき)とか「簿冊」(ぼさつ)とか
平成日本では、まず使わない単語が、ゴロゴロ出てくるのだが、海軍と陸軍とでは、読みが違っていたりして、これもまた厄介である。

 艦これは、ライトノベル読者向け、と割り切って、あまり難しい単語や、書き方をしないで、雰囲気だけを味わってもらえばいい、と割り切ったので、もっぱら校正さんの指示に従って、ゲラを戻している。

 正式な「呼称」よりも、わかりやすい概念を意味する言葉に書き換えることで、ミリタリに対する敷居を下げようというわけである。

 艦これ小説は、いわばミリタリっぽい概念の入り口であり、ミリタリは従である。
 震電改が存在し、それが艦載機になる世界で、正確さを追求するというのも、おかしな話であるわけで、そう考えると仮想戦記を書く際の「正確さ」へのこだわりを「艦これ」に持ち込むのは、さほど意味がない。
 艦これにおける史実、というのも、似たようなところがある。

もうすぐ「とある鎮守府の一日・2」が書店に並ぶ。
楽しみにして欲しい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。