So-net無料ブログ作成
検索選択

今月末と来月頭に新刊まとめて三冊出ます(2013年最初の更新)

いまさら「あけましておめでとうございます」と言うのもなんだが、2013年最初のブログ更新である。【笑

 なぜ、こんなに更新の時間が開いてしまったか、その理由を書いてもいいが、何を書いても私にヘイトを向ける人間は「言い訳をするな」と言うに決まっているので、理由は書かない。

 「理由を言って見ろ」と言うくせに、理由を言うと「言い訳をするな」と返して、そこから攻撃を始める上司がよくいる。
 そういう上司には「理由を言って見ろ」と言われたら「何を言っても言い訳になりますから申しません、私の責任です」と答えるのがよろしい。
 攻撃の取っ掛かりを無くしてさっさと仕事を始めた方が、お互い幸せである【笑

 さて、今年最初の出版物が、三冊ほぼ同時に書店に並ぶことになった。

 4月27日に、早川書房から「宇宙軍士官学校・3」
 4月27日に、角川スニーカー文庫から「召喚主は家出猫・呼ばれてみれば最前線」
 5月10日に、電撃文庫から「ご主人様は山猫姫・12 帝国再興編」

 なぜ、三冊同時に刊行になったかと言うと、三冊同時に書いていたからである。
 このへんが、今年に入ってから、ブログを更新しなかった理由の一つでもある。

 最初は、こんな風にダンゴになるとは思っていなかった。
 ちゃんと、一カ月おきに三冊出る予定だったのだが、最初の一冊が遅れ、そしてそれが次の一冊を遅れさせ、最後にどうにもならなくなって、三冊を同時進行で書くハメになったわけである。

 運が良かったのが「宇宙軍士官学校」はスペオペ。「召喚主」は魔法世界が舞台のファンタジー。「山猫姫」は架空古代中華世界。と見事にシチュエーションが分かれているために、三冊を同時進行で書いても、混乱が少なかったと言うことである。

 それでも書いていると、主人公の名前を間違えてしまったり、小さなミスは結構あった。

 私はどうやら自作のキャラに思い入れが出来ないタイプらしい。
 私が書きたい物語は「展開」>「キャラ」というものなので、その辺は仕方ないのかもしれない。

 私は、主人公たちが絡む事態が、どう進み、それにどう対処し、どう解決するか。という「展開」が書きたいタイプの人間で、その「展開」が描ければ、キャラは実質どうでもいいのかもしれない。
 展開を描くに足りるだけのデティル、つまり感情移入できる最低限のものさえあれば、それで物語が描けるわけで、それ以外にキャラに望むものは無いわけである。

 私が書く物語のほとんどが、個人の枠の中で物語が進まない。全体を描く物語なのは、この辺りに理由があるような気がする。

 私は個人の戦闘にあまり興味が無い。物語の視点が近すぎるものは、結局個人のレベルで終わってしまう。
 「ケンカが強ければ偉い」と言う価値観は、どうにも好きになれないのである【笑

 個人で出来ることには、限りがある。

 この「厳然とした現実」を、乗り越える方法として「特殊能力」を主人公に持たせると言うのが、ごく一般的なエンタティメントの物語である。
 
 私は「個人で出来ることには限りがある」と言う現実を乗り越える方法として「組織で立ち向かう」という方法を描こうとする。

 組織の力。組織の使い方。
 私はそれを身をもって知ってきたし、組織をより効果的に使う方法を常に考えて生きてきたわけで、この辺の価値観が抜けないのだろう。

 組織をより効果的に使うことが出来れば、個人では立ち向かえない強大なアクシデントにも立ち向かえる。
 
 特殊能力なんか無くても、人間という生き物はそうやって、人類の危機を乗り越えてきたわけである。
 目の前に、そういう現実があり、そういう解決方法があるのだから、それを描くことに何の問題も無いわけである。

 問題があるとしたら「ライトノベルのメイン読者の多くは、組織を知らない」と言う点だろう【笑

 組織は常に個人の敵である。と言う価値観の方が、受け入れられやすいのは仕方が無いが、人生の中を、その価値観だけで生きていける時間はそう長くない。

 英雄とは、ケンカだけが強い人間では無い。
 英雄とは、いかに他人の力を使えるか、を知っている人間である。

 この私の価値観は揺るがない。
 私の書く物語が、この価値観に従うのは当然のことである。

 そういう意味で、確かにライトノベルの価値観とは外れているのだろう。
 しかし、読者が存在し、一定数売れ続けて、私が作家を続けていられる理由は
 この価値観は、間違っていない。と言うことだと思うのだ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。