So-net無料ブログ作成
検索選択

二ヶ月ぶりの金沢訪問

 6月に入って、金沢大学の寮で一人暮らしを始めた次男の様子を見るついでに、扇風機や夏物衣料などの品物を持って行こうと思っていたら、長男が「俺の新車で遠乗りついでに行ってやる」と言い出した。
 
 新車と言ってもダイハツのミラ・イースである。
 アイドリングストップ機能の付いた軽のエコカーで、埼玉から金沢まで行くのは大変だ。軽で長距離走るのは、サスペンションとかシートの関係で、普通車より疲れるぞ。と言うと、親父も一緒に行こう、運転を交代しながら行けば、疲れ手も大丈夫だ。と言われた。

 確かに「山猫姫10」と「宇宙軍士官学校」の初稿が上ってゲラが出るまで、三日ほどスケジュールが空いたし、伏木の北前船資料館と、海王丸、を取材しようと思っていたところなので、よし、では俺もついていこう。ということで、急遽ビジネスホテルを予約して、6月7日の午後4時10分に埼玉の花園インターから高速に乗った。

 巡航速度は90キロ前後で走行車線をキープしつつ走る。
 カーナビは到着予定時刻を午後9時40分と表示していた。

 上信越道を通って、東部湯の丸で運転交代。長男がハンドルを握って、更埴ジャンクションから上越を目指す。

 部分的に対面通行の残る区間で上り坂でトラックの後ろにつくと、70キロくらいまで速度が落ちる。
 インターに差し掛かると、追い越し車線ができるので、何とか抜くと、またもや前にトラックが……。
 まあ、なんとかそれでも上越ジャンクションから北陸道に入って、名立谷浜でガソリン給油して運転交代。メーターには「リッター18キロ」の文字。
 フルタイム4WDでこの数字は、たいしたものである。
 
 私のステップワゴンフルタイム4WDは、いくら頑張っても高速でリッター12キロくらいしか走らない。平均してリッター10キロである。

 そのまま途中でトイレ休憩を挟んで。次男の寮についたのは午後9時50分。
 怖いくらいカーナビどおりであった。

 晩飯はまだ食べていない。来るのを待っていた。というので、野々市のチャンピオンカレーの本店で、三人でLカツカレーを食う。

 次男も長男もさっさと食べ終わり、私だけがもたもたと食い終わる。
 夜中の10時過ぎにカツカレーを食うのは、いささか辛い【笑

 そして、翌6月8日。

 次男は授業がある。というので、乗り鉄の長男と共に高岡まで行って、万葉線の終点、越の潟で長男を降ろす。
 長男は万葉線で高岡に出て、高岡駅の駅の立ち食いソバで、ソバとうどんが半分ずつ入った「ちゃんぽん」を食べて、富山に向かい、富山地方鉄道に乗るとのことなので、ここで別れて、海王丸を取材に行く。

kaioumaru.JPG

 海王丸を見学するのは実は三回目である。
 
 実を言うと、私は、ずっと海洋冒険ものが書きたくて、企画を暖めている。
 その話は、いわゆる史実に忠実な物語ではなく、山猫姫のような世界観の海洋冒険ものである。

 主人公が乗り込むのは、軍艦ではなく商船。それも交易船である。

 交易船というのは、品物を運ぶだけではなく。積荷を先々の寄港地で売り、その代金でその地方の産物を買い込み、それを品薄な場所で、高値で売ることで、利益を出す商船である。

 日本で言えば、北前船が、この交易船である。
 大阪で、ムシロや布や酒を積み、日本海側を北上しながら、それらの品物を売って、代わりに産地の品を積み込み、最終的に北海道や青森で、昆布や干した鮭やタラを仕入れて大阪に戻ってくるのである。
 
 大阪に無事に戻ると、蝦夷地で仕入れた昆布は、高い値がつき、一回の航海で三千両の儲けがあった、と言われている。

 この北前船の寄港地が、海王丸の置かれているすぐ近くの伏木港であり、ここには、当時の廻船問屋の屋敷を使った北前船資料館がある。

 この屋敷には、伏木港に出入りする船の旗印を確認するための「望楼」が残されており、当時はここに、遠眼鏡を持った使用人が交代で詰めて、入港する船の旗印を確認して、報告していたそうである。

bourou.jpg

 なかなか洒落たというか、和風の天守閣のようなつくりで、内部に入ると、大人が四人も入れば窮屈に感じるほどの狭さだが、窓の戸板を跳ね上げると、それが日よけになっており。なかなか考えて作られている建物だった。

 そこから見えたのは、北前船ならぬ、豪華客船だった。
SANY0030.jpg
 コスタ・ヴィクトリアという豪華客船が、伏木港に入港していたのである。
 この船は、今まで地中海などのクルーズに使われていたが、今年からアジア方面のクルーズを始めたそうで、日本発で韓国や中国を回るクルーズが7月8月に計画されているそうである。

 今回は、韓国発のチャーター船で、鳥取の境港や、伏木港に寄港して、韓国に戻るそうである。
 
 なんでも観光客をバスに乗せて、富山市内まで買い物ツァーが出ているそうで、、この豪華客船は寄航先で主の珍しい物を買って帰る、現代の北前船なのかもしれない。

 明日には埼玉に戻るのだが、金沢は夜になって本降りとなった。
 ホテルの窓の外の雨音を聞きながら。このブログを書いている。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。